福岡 インプラント 「きど歯科医院CTインプラントセンター」
虫歯予防
歯科用CT撮影
矯正
フッ素
PMTC
FAPホワイトニング
小児予防

インプラント治療とは、歯の抜けたところに人工の歯根(インプラント)を植え、あごの骨としっかり固定させた後、その上に人工の歯を装着させたものです。これにより取りはずしの入れ歯の不快感がなくなり、天然歯と同等の力で噛むことが可能となる新しく画期的な歯の治療法です。
インプラント術後レントゲン義歯をつけた状態
このような患者さんはインプラントに適しています
 取りはずしの入れ歯が嫌いな人
 ・ 口の中で入れ歯が動いたり、会話中にはずれ易い
 ・ 話したり、笑ったりした時に入れ歯が見えて恥ずかしい
歯が抜けた部位を治療するのに隣の歯を削られたくない人
以前と同じ天然歯のような歯が欲しい人
--- 歯が中間で1本抜けた場合 ---
隣の健康な歯を削りブリッジします。 健康な歯まで削るのはいやですネ。
インプラントは隣の健康な歯を削ることなく植立し人口歯を取り付けます。 自分の歯と区別がつかない位、治療の跡がわかりません。
--- 歯が中間で2本抜けた場合 ---
抜けた2本の歯の大きな噛む力を支えるため、数本の健康な歯を削りブリッジします。支える健康な歯は大変ですネ。
抜けた数だけインブラントを植立できます。 インプラントはあごの骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。
--- 奥歯が数本抜けた場合 ---
取りはずしの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。 さらに止め金で固定します。口の中にバーや止め金の異物は不快ですネ。
数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。入れ歯を固定するバーや止め金が不要となり、口の中がすっきりし、口臭も減ります。
▲ ページトップへ
術前術後
術前術後
術前術後
術前術後
術前術後
術前術後
術前術後
術前術後
近年の医学の進歩に目ざましいものがあることは患者の皆さま誰もがご承知の通りです。
歯科医療におきましても全く同様で、最先端の医療が絶えず導入されております。
とりわけ今日ご紹介するインプラント治療法は、現在、歯科の領域では世界的に注目され発展している治療法のひとつです。
当院では、ただ最先端の医療ということだけで取り組むのではなく、患者さんが歯の治療を通して人生が快適になることを基本姿勢として医療に取り組んでおります。インプラント治療を通じて患者さんに健康で充実した人生を歩んでいただくことが私共全スタッフの最大の喜びです。
▲ ページトップへ
福岡 インプラント 「きど歯科医院CTインプラントセンター」